1. ホーム
  2. 175周年スペシャルコンテンツ

おかげさまで175周年

江戸時代からオイル美容を追求してきたシマムラ。その道のりの大半は日本のオリーブの歩みと共にありました。自然の恵みたっぷりのオリーブオイルは、内面、そして外側からも女性を美しく輝かせます。創業時より培った髪油の伝統技術をベースに、オリーブで肌や髪に健やかな艶を。これからも一滴の雫も余すことなくオリーブの恵みをお届けします。

シマムラの歩み

1842

初代島村冨次郎、小間物・雑貨商の四代目総本家 島村安兵衛から分家、和歌山市新通4丁目で油商を営み、髪油、びん附け製造販売を開始。独自の製造技術を発明し、梅花油、白梅油として嘉永から明治にかけて大人気を博す。

1894

二代目島村冨次郎が、事業を継承。
良質の紀州びん附けとして、さらに販路を広げる。

1912

三代目島村冨次郎が、事業を継承。
鈴虫香油、鈴虫ポマードを発売、大阪に支店を開設。

1919

四代目島村冨次郎が、事業を継承。
香川県小豆島に、民間栽培として日本で初めてのオリーブ園を開設し、食用および化粧用のオリーブ油の製造販売を開始。
香油の販売は東京、東北、北海道、満州にも広がる。

1926

工場を新築し、和歌山市宇須1丁目に移転。

1951

株式会社島村商店に組織変更。
資本金150万円。

1953

資本金300万円に増資。
ヘヤースプレー発売。

1965

島村冨朗(5代目)が、代表取締役に就任。
藤森工業(株)の和歌山県下総代理店として産業資材、包装資材の販売を開始。

1972

関連会社・株式会社オリーブ園を設立。

1977

島村昭子(5代目妻)が、代表取締役に就任。

1978

4月、社名を株式会社シマムラに変更。
鈴虫オリーブハンドクリーム発売。

1979

鈴虫オリーブ化粧品シリーズ発売。

1980

藤森工業(株)の断熱シートを使用した畜舎建設事業に着手。
舎ハイブラインドシステムを確立。

1984

オリーベル化粧品シリーズ発売。

1986

事務所、工場を和歌山市宇須2丁目に移転。

1988

島村不二夫(6代目)が、代表取締役に就任。

1990

オリーブ金山寺みそ発売。

1991

磁気共鳴分析器・MRA-1を購入。水の研究に着手。
高野山の水を使用した、大師化粧品シリーズを発売。

1992

長野県・佐藤政二氏の提唱する生体エネルギー理論に基づく水を使用して、化粧品試作開始。

1993

オリベックススキンクリーム発売。
生体システム実践研究会・関西支部事務局を設置。
生体エネルギー関連商品販売代理店。

1994

工場増築、化粧品用生体エネルギー浄活水装置きわみ導入。
特殊FRP貯水タンク設置、および製造設備増設。

1995

資本金1000万円に増資。

1997

オリーブオイル用・生体エネルギー活性化装置導入。
オリベックスコスメティックシリーズ完成。

1999

水誘導翻訳装置きわみMI-5追加導入。

2000

生体エネルギー電気誘導翻訳装置P-3、L-3導入。
オリベックスリップケア追加発売。

2003

電気誘導翻訳装置さとりWH-12追加導入。
オリベックスポーツボディクリーム追加発売。

2004

オリベックスミルクローションUV追加発売。

2012

創業170年記念商品アットオリーブ ベビーオイル発売。

2014

KEHAIシリーズ発売。

2015

KEHAI バランシングソープ追加発売。社屋を改装。
島村辰彦(7代目)が、代表取締役に就任。
エキストラバージンオリーブオイル、極実オリーブ エキストラバージンオリーブオイルを発売。

2016

Kiwami Olive シリーズ発売。

2017

創業175年記念商品アットオリーブ モイスチャライジングジェル 175、
アットオリーブ オリーブハンドクリーム、
アットオリーブ オリーブソープを発売。

社長あいさつ

- 時代に流されず、永く愛されるものづくりを -

代表取締役社長 島村辰彦

初代が髪油商として商いを始めたのが天保13年。 当時はちょんまげが主流だったので、明治頃までは「紀州びん附」として全国で親しまれていたそうです。 今ではオリーブ化粧品を中心に展開しておりますが、創業からのびん附油も歌舞伎役者さんの間で今もご愛用いただいております。 そういう意味でもこれまで流行とは無縁で歩んできたように思います。 オリーブシリーズも製法やパッケージは昔からほぼ変わることなく、多くの人に使っていただいてきました。 決して目立つ見た目ではないものの、質の良い商品を作り続けることで、使った方が満足して、愛着を持ってリピートくださるのが何よりの喜びです。 日本初の民間オリーブ園として開設した小豆島のオリーブ園は2年後には開園100年を迎えます。 代々続いてきたこの歴史を守り、良質で永く愛される商品づくりを心がけ、使う人に満足をお届けできれば幸いです。

代表取締役社長島村 辰彦

名工の技を受継ぎ

  • 伝統芸能を守る伝統のびん附油
  • 伝統芸能を守る伝統のびん附油

伝統芸能を守る
びん附油

創業時からシマムラの主力商品であった「びん附油」。本来は力士の整髪などに使うものながら、シマムラのびん附は歌舞伎俳優の化粧下地として今もなお愛用されています。その製法は昔からほとんど変わっておらず、ハゼを原料とするモクロウを溶かし、植物油を混ぜて作ります。冷え固まる前に、溶け残ってダマになっているモクロウをつぶしながら空気を含ませるように練り合わせることで滑らかな仕上がりに。混ぜすぎると「品質が泣いた状態」と呼ぶ、腰がなく柔らかいものになるため、ここぞというタイミングを見極めなければなりません。注文に応じて植物油の配合で調整する硬さも気候や湿度に大きく左右されるため、頼りは職人の経験による「勘」のみ。シンプルなようで複雑な、まさに職人技を要します。

  • 名工を生み出した代々の信念

名工を生み出した
代々の信念

現在唯一びん附製造の技術を受け継ぐ職人、和田浩一が昨年厚生労働大臣表彰「卓越した技術者(現代の名工)」に選ばれました。機械ではできない完全手作業での製造も高い品質を維持するため。「目立たないけれど、役者の表情を引き立たせるためには必要なもの」と考えると熱い想いがこみあげ、愛用する桜材の混ぜ棒にも力が入ります。職人の不足や需要の変化、さらに原料を作る取引先の廃業など、さまざまな困難でびん附は一時製造中止の危機にも瀕しましたが、それを思いとどまらせたのは「欲しいという声をいただける限り作り続けたい」という代々受け継がれてきた想い。シマムラのルーツであるびん附、その伝統を絶やさないよう、現在は後継者の指導、育成にも力を注いでいます。

  • ものづくりの心意気を継いで
  • ものづくりの心意気を継いで

ものづくりの
心意気を継いで

今ではびん附に変わる主力商品となるオリーブ化粧品。ここにもびん附に通ずるものづくりの精神が宿っています。主原料であるオリーブはもちろん、水に至るまで素材を厳選。クリームやジェルの製造過程では、通常油相と水相を温めて乳化するところを、シマムラが製造に使っている乳化釜は油相のみ温めて水相は常温の状態で乳化をする製造方法を採用しています。水相を常温乳化することで植物エキスなどに負荷を与えず、本来のよさを引き出します。
オリーブの新しい魅力を届けるべく、新たな商品の研究・開発はもちろんのこと、従来の食用・化粧品シリーズに関してもより内容を高めるため、オイルのさらなる使用感の向上や独自の技術による品質向上に日々取り組んでいます。
その昔、髷を結っていた時代にびん附が欠かせなかったように、使う人の笑顔を想い、自然体で生きる暮らしに、オリーブを通じて寄り添っていければと願います。

次世代のくらしとともに

新たな時代を迎え

オリーブオイルは人類最古のオイル。その小さな実の持つ力は、知るほどに奥深い魅力を感じます。現在シマムラでは従来のオリーブ化粧品に加え、アットオリーブシリーズやKEHAIシリーズなど、新たな魅力を提供する商品開発を進めています。私たちの作る製品と出逢い、使ってくださった方に喜んでいただきたいという昔からの想いは変わることなく、今後さらに多様な切り口で、オリーブのある心身とも美しい暮らしをご提案していければと思います。

175周年特別企画商品

ひんやり&さらり、きちんと保湿
オリーブの恵みクールジェル

アットオリーブ モイスチャライジングジェル 175

貴重な小豆島産エキストラバージンオリーブオイルのほか、ポリフェノール豊富なオリーブの果実や葉、枝のエキスも加えたオリーブ三昧のうるおいジェル。ハッカ油やベルガモット、ラベンダーの精油も配合し、心地よい香りと清涼感に癒されながら、お肌を乾燥や刺激から優しく守ります。

アットオリーブ オリーブハンドクリーム

超精製オリーブオイルと3種のオリーブ由来成分* 配合で、すべすべ手肌へ。ホイップクリームのようになめらかなテクスチャーで、塗った瞬間心地良く、うるおいのヴェールでお肌を包みます。国際的な絵本作家である谷口智則氏による描き下ろしパッケージイラストです。
*オリーブ果実エキス、オリーブ葉エキス、オリーブ枝エキス(整肌・保湿成分)

このページの先頭へ